行天宮徒然日記|Blog

2014.02.17

CATEGORIES
お知らせ

置きばりと金メダル

オリンピックまっさいちゅうですねえ。
新聞でおお!と思った記事があったのでご紹介します。

フィギュアスケートの羽生結弦選手が
昨年から置きばりを使用しているそうです。

上半身の堅さをほぐすのと、
幼少時から持病のぜんそく対策のため、とのこと。
(肺周辺の筋肉が柔らかくなれば、姿勢と呼吸が改善されるので。)
試合中や就寝中も全身に15か所ほど使用しているそうです。

『さいきん「ずいぶん良くなった」と自分で施すはりの効果を実感している。』
(朝日新聞 2月15日朝刊より)

新聞の1面で、そして金メダリストの記事で
はりの話が出るなんて嬉しいです。

置きばりは、シールの先に0,3ミリ前後の小さな鍼がついていて、
微弱なはり刺激を継続して体に与えることができます。
一見すると「え、これだけ?」と思うような小さなシールですが
効果は◎。急性の痛みから慢性の痛みまで愛好者は多いです。

ただ、羽生くんも言っていますが
正確な場所に置かないと痛みや不快感が出ることがあります。
ご興味のあるかたは、まず鍼灸師にご相談のうえご使用くださいね。
当院でも1つ50円でお分けしております。

 

この記事のトラックバックURL

コメントする

名前
メールアドレス
サイト
コメント

ページのトップへ

  • TOP
  • コース・料金
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 行天宮徒然日記
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVE
 

instagramはじめました

LINEで予約ができます

行天宮鍼灸院・接骨院

03-6454-7909

東京都杉並区西荻北1-3-8

[ 診療時間 ]
月火水金
10:00 〜 20:00
10:00 〜 13:00
10:00 〜 16:00

[ 休診日 ]
日曜/祝日

・各種保険取り扱い
・交通事故
・労災